2006年06月12日

富山オフ会レポート

ラージス、メディスの車に乗せてもらうため三度埼玉へ。
車には直前に富山行き決めたらしいイヴもいて、4人で遠征に。
…この4人、どこにでも現れる連中だな。他3人に比べたら私は存在感無いけど。
行きは半分くらい寝てたので書くことないけど、「親不知IC」が印象に残った。

早くついたのでネカフェ→朝食→富山城見学で時間つぶし。
「ネカフェはお金かかるから車中泊でいいや」と思ってたけど…【漫喫空間ひまつぶし】というネカフェ、4時間で680円。凄ぇ。
富山城(郷土博物館)は展望台からの景色がいいらしいのだが、曇りのせいでよく見えず。残念。

さて、本題の富山オフ会。
駅前のビルの3階、医術士のグレイが合流しつつ市民交流館に着く。
そういえば部屋名まで書いてないのな。すぐわかるだろうからいいのだけれど。

……
会場見つからない。
イベント行えそうな全部の部屋+部屋使用の日程も隅までチェックするが、無限の字は見当たらない。
周りで同様に困惑してる人達はいるが主催orスタッフはいなく、連絡先知る人もいない。
そんな中イヴが受付の人に確認と事情の説明し、次いでラージスが空いていた和室を借りる交渉を始める。
この辺の機転や行動力、流石という他無い。縁無い地で尊敬した。本人は災難だったけど。

なぜか関東遠征組(私除く)主導の下、畳の上でのオフ会。テーブルの無い部屋でみんな座りながら歓談というのもいい物かもしれない。
自己紹介の合間も人が新しく人が着たら「主催ですか?」とラージスが問い詰める。少し滑稽だったが結局来ず、そのまま過ごす事になった。
星屑のユイに挨拶。初めて会えたので内心嬉しかったり。…場所柄オフ少ないからそうなるんだろうけど、初めて〜2回目の人が多かった。いきなり重い経験した人達、本当は楽しい所なんです。
あとは大体グレイとメイド長、メディス、あと最近はじめたらしいユリカ等との話がほとんどか。
8頭身ブックハビタント書いたり、ネタアイコンについて話し合ったり…いつものオフと変わらないといえばそうだけど、それに近いレベルまで持っていけたのが凄い。
ただ…新人のMSに絡みにいく話のネタを持ち合わせていなかったのは失敗だった。

むげふぁんのオフ会としては早い15時解散の後はカラオケに。私がミックスジュースを飲むのは確定らしい。イヴ…ココア+紅茶までは良かったが、それにジュース入れるのは勘弁orz
ネタ歌や魂の叫びで各人、思い思いに楽しんだ模様。楽しい時間は過ぎるのが早い。
未成年者や電車の都合(終電とかやたら早い)で結構な人と別れた18時、最終的に残った8人程で3次会。
いろいろな事情でよく食べる人、食べる人、食べない人が混在する謎の飲み会だった。愚ルメなどで話は盛り上がったけど。
ちなみに2、3次会も主導はラージス…結局普通にオフ会一回主催分の仕事してる。それも前準備なし。無償で。本当にお疲れ様。
再びひまつぶしで仮眠取った後早朝に埼玉に帰還、遠征組はここで解散となった。


オフ会提案者シャルムについては他の人が語っているし、大体思うところは同じなのでここでは割愛します。
参加者はお疲れさまでした。新潟オフは楽しく快適なオフでしょうから今回のに懲りず、また会って話ができたら嬉しいです。
それでは、またどこかで。


【関連する記事】
posted by プレスト・トランキレツァ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オフレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。